水虫にラミシールがおすすめ

ラミシールは水虫の原因となる白癬菌(はくせんきん)の増殖を抑えて殺菌する作用があり、今まで水虫に悩まされていた多くの方がその高い効果を実感している人気のお薬です。

水虫に効果が高いと噂のラミシールとは

ラミシールとは、真菌の増殖を抑えるアリルアミン系抗真菌剤の一種で、テルビナフィンという成分が配合されています。このテルビナフィンには、真菌に作用して水虫やカンジダ症といった皮膚真菌症を改善するという効果があるため、皮膚科などで処方されています。

ラミシールには、錠剤タイプの内服薬とスプレーやクリームなどの外用タイプの薬があり、内服タイプのラミシール錠を服用する場合は、副作用が起こる危険性があるため、医師による処方を受けたほうが安全です。内服薬は抗真菌作用が強く、爪の中で白癬菌が増殖している爪水虫や頭部白癬、カンジダ症治療に効果的です。爪水虫は、外用タイプでは薬効成分が患部にまで浸透しにくいため、治療効果がありませんが、内服タイプは有効成分が血管から爪をつくる爪母や爪床に運ばれ、白癬菌に侵された部分に浸透するため、白癬菌を効率よく殺菌することができます。従来の抗真菌薬に比べて完治しやすく、治療期間も短くて済みます。しかし、まれに重い肝臓・腎臓障害や血液障害が起こることがあるので、肝機能障害などの疾患で服用できない人や高齢者は使用できませんが、それ以外の人は抗真菌剤の内服による治療が一般的に行われています。ただ、服用する場合は定期的に血液検査を受け、肝臓や腎臓の疾患を抱えている方の服用は注意しなければなりません。また、他にも、胃部不快感や膨満感、下痢、吐き気、腹痛、めまい、頭痛、発疹、かゆみ、蕁麻疹などの副作用が起こることがあります。

ラミシールの外用薬には、クリームタイプと液タイプ、スプレータイプ、ジェルタイプがあり、内服タイプとは違って血液検査の必要もなく比較的手軽に使用できます。

クリームタイプは、べとつかず軽い使い心地で、ジュクジュクとしたびらん型や乾燥やひび割れが目立つ角化型の症状の治療に最適です。液タイプは、粘りが少ないため乾きやすく、浸透性に優れているため、乾燥した患部の治療に向いています。スプレータイプは、患部に直接触れることなく噴射することができるため、清潔を保て、広い範囲に使用することができます。ジェルタイプは、速乾性のある軽い使い心地の透明なジェルで、乾燥型や角化型の患部に適しています。これらの外用薬は爪水虫など外側から薬効成分が浸透しにくい症状以外の比較的、軽症の白癬菌による症状に対して効果があります。外用薬は内服薬に比べ重篤な副作用は起こりにくいと言われていますが、皮膚のかゆみや赤み、刺激感などの副作用が起こる場合があります。

ラミシールは白癬菌による症状を解消する非常に有効な医薬品ですが、副作用と注意点を守って使用することが大切です。

↓水虫には進行性があるので、こちらのサイトを参考に早めの治療を!
ラミシールで水虫を撃退