ラミシール薬とは、カビの一種で真菌という菌の増殖を抑える薬です。アリルアミン系抗真菌剤の一種で、主な成分のテルビナフィンには、水虫やカンジダに効果が見られ、皮膚真菌疾の方への治療薬として多く使用されています。
このラミシールは真菌に対しての殺菌作用が非常に強いのが特徴です。難治性と言われている爪水虫や頭部の水虫、カンジダ症の治療に効果があるといわれています。水虫の原因の白癬菌の増殖を抑えてくれるのです。
この薬剤には、飲み薬、塗り薬、スプレーなどの種類があります。効果としては、大きな変化はなく、部位によって薬を使い分けます。
スプレータイプは気軽で良いのですが、爪白癬など外側から薬効を届かせるのは難しいですが、軽度の白癬であれば、外用薬で治療を試みましょう。塗り薬は一般的な水虫と言われる足水虫に対して処方されます。この塗り薬は、実際の症状が出ている範囲より広範囲にしっかり塗るようにしましょう。またこの塗り薬でなかなか治らない場合には飲み薬へ変わります。飲み薬は、爪水虫や角質増殖型の水虫に対応しています。飲み薬に関しては身体の内側から真菌を殺菌する事ができます。どのラミシール薬でも、用法、用量を守る事が一番大事です。
しかし、飲み薬としてラミシール薬を服用する際には、副作用が出現してしまう場合もあります。それは真菌に対しての殺菌作用が強い為に、身体に何らかの副作用が現れる事があるからです。ラミシール薬には、水虫の原因の白癬菌を殺す作用がある為に、完治率が高く、治療期間も短縮されるのですが、その分、身体への副作用出現もある可能性があります。
殺菌作用が強く患者の体質によって、特に肝臓や腎臓に障害を持っている方は、副作用の危険が伴いますので、必ず医師の指示に従う必要があります。早期発見早期治療が完治への近道をといえるでしょう。