ラミシールは、ノバルティスファーマが販売している抗真菌薬です。抗真菌薬は主に白癬菌などの真菌に対して効果がある薬であり、その用途としては水虫やたむしなどの治療に使われています。
水虫にしてもたむしにしてもその原因としては、皮膚の表皮角質層に入り込んだ白癬菌と呼ばれるカビが周辺の細胞を侵食することで水ぶくれや皮の剥れといった症状をもたらすもので、細胞が破壊されることで痛痒いといった症状が現れます。特に痒みが強くなると非常に厄介で、日常生活にも支障を来します。白癬菌に対しての自然治癒はまったく期待できず何らかの対処をとらない限り治癒しない病気と言えます。基本的に治癒では白癬菌を死滅させることでラミシールを含む抗真菌薬が使われます。
抗真菌薬は、有効成分がそれぞれ異なってきますが、ラミシールはテルビナフィン、クロタミトン、グリチルレチン酸が含まれています。テルビナフィンは、白癬菌に対して非常に高い殺菌性があり長く皮膚に留まって効果が持続するので1日1回塗るだけで十分です。またクロタミトンは痒みを止める性質があり、グリチルレチン酸は抗炎症作用があり症状を和らげてくれます。

ラミシールは皮膚科でも治療薬として処方されており、健康保険の適用にもなっています。一方で一般薬としては2004年から日本国内でも販売されています。薬品の分類としては第二類医薬品ですので、ドラッグストアや薬店でも購入することができます。また通販サイトからの購入も可能です。通販サイトでの値段としては10gのクリーム、液体ともに1千円ほどで売られています。通販ではクリームの場合にはメール便での配送が可能であり、少ない送料で手に入れることが可能です。